2014年08月24日

ナチュラル・ターン女子の前半3歩

今日は、パラダイス・ダンスサークルのレッスンが有り、初級コースでは第3グループとしてナチュラル・トップをメインにしたルーティンに入りました。

来週からは、このナチュラル・トップを上手く踊れるように練習していきます。

中級コースでは、ワルツのカービング・ロックからライト・ランジを中心にレッスンしました。

明日は、この会の懇親会をカラオケ喫茶「パラダイス」を会場に行われます。
今の時期ですから残暑払いということで盛大に楽しく過ごしたいと思います。ビール


さてそれでは、ワンポイント・レッスンを行います。

今回は、ワルツの「ナチュラル・ターン」について解説します。

このフィガーは、ワルツだけでなくスロー・フォクストロットやクイック・ステップの基本フィガーでもあります。

この「ナチュラル・ターン」は、前半の3歩だけもよく使われますので、その場合は通常「ナチュラル・ターン前半の3歩」とか「ナチュラル・ターンの1〜3歩」などと呼ばれます。

この前半3歩の男性の踊り方は、「ナチュラル・スピン・ターン男子」の項目で解説したとおりで、ナチュラル・スピン・ターンとまったく同じです。

女性の踊り方については解説していませんでしたので、ここで前半3歩の女性の踊り方を解説することにします。

1歩目左足後退の時、どっぷりと体重を乗せて腰を落としてしまってはいけません
ここは、スイングが掛かってきますので右回転をして、男性の通り道を空けてあげるように意識して踊りましょう。

2歩目の右足は、横に来ますが、この時点で必要な回転量を確保していますので、後は男性の歩幅に合わせて着地位置を調整します。
ここで女性が勝手に先に着地位置を決めてしまってはいけません。注意してください。

3歩目は、左足を右足にクローズし、ロァーしてお仕舞です。
posted by ぶとうかい at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

お盆明け

今年のお盆もあっという間に過ぎてしまいました。

我が家では例年、12日に盆飾りを行います。

精霊棚は、仏壇と小さなテーブルを利用し階段状にし、ゴザを被せるだけのシンプルなものです。

そして、その棚の両脇に伸縮棒を立て、その棒に笹の木を添わせます。
それから二本の棒の間に真菰の縄を通し、お寺から戴いた「お札」を5枚ぶら下げます。

最後に、ほおづきを縛り付けてお仕舞です。

でも、この飾りつけをすると盆が来たなと実感します。


さて、13日には9時ごろお寺に仏様をお迎えに行きます。
お墓でお花とお線香をあげて、ローソクに火をともした提灯をもって帰ってきます。

仏様を送りに行くのは、15日の夕方です。16日に送るところも有るようですが、
我が家はずっと15日です。

その様な訳で、お盆は3日間と思っていたのですが、
13日から16日までの4日間もお盆の期間と最近知りました。


昨日は、我が家の菩提寺である「東泉寺」で、「施餓鬼法要」があり、行ってきました。

法要が終わった後、住職から施餓鬼の趣旨が説明されました。

それによりますと、
お釈迦さまの十大弟子の一人である阿難(あなん)尊者が、餓鬼に対して食物を供え、お経を唱えて廻向する施餓鬼の作法を実践されたことにより、阿難尊者は餓鬼の死の宣告から逃れ、長寿をまっとうされたということです。

施餓鬼とは、施しの心の大切さ、ご先祖さまを供養することの大切さを学ぶ行事だそうです。

この後、塔婆を頂戴してお墓に立てて帰ってきました。

お盆にまつわる行事が終了し、明日からダンスの活動が再開します。
初心者の方のダンス熱が冷めてないと良いのですが・・・・・!?わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

技術講習会に行きました!!

末安・木村組 .JPG

JATD 日本舞踏教師協会の技術講習会に行ってきました。
(※技術講習会の正式名称は、「定例講習会」です。)

朝8時に家を出て、9時半に会場である「京橋プラザ区民館」に着きました。ビル

受付では、以前は紙の用紙に氏名を書いていたのですが、
今回から会員証を提示して買い物のレジでバーコードを「ピッ」とするようにスキャナーを押し付けてお終いでした。

本当に簡単便利という感想です。

今日は、ワルツの講習を毛塚ダンスアートアカデミーの「末安祐一郎・木村友華組」が行いました。

35小節のルーティンが記されたペーパーを受付で渡され、
それを基に解説と実技が有りました。

末安先生は、上半身がとても細くスマートな青年で、
また木村先生は実身長よりもとても背が高く見えました。

さすがA級の現役選手だけあり、素晴らしい踊りを披露してくれました。

なお、講習はルーティンの約半分だけの解説で時間になってしまい、
残りは次の講習会で行うということでした。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

明日は技術講習会

明日8月7日は、JATD 日本舞踏教師協会の定例講習会いわゆる技術講習会が有ります。

会場は、中央区銀座に在る「中央区役所京橋プラザ分庁舎」で京橋プラザ区民館です。

講習内容は、スタンダードからワルツの講習が行われる予定となっており、
講師は、末安祐一郎・木村友華組です。

JATD 日本舞踏教師協会が認定講習指定団体になってから初の技術講習会ですので、
参加して受講証明印を押してもらおうと思いますが、
新しい会員証には受講証明印を押すところが有りません。

プラスチック製のカードになっており、判を押すことは出来ません。あせあせ(飛び散る汗)

今度の新しい方式は、
指定講習受講履歴なども含めバーコードによりパソコンで管理するという話です。

一見とても良いのですが、会員証を兼ねている教師資格証明証を眺めただけでは、年に一度の指定講習の受講状況が分からないことになります。

以前は、裏面に履修を証明するゴム印が押されていましたので、受講したかどうか直ぐに一目瞭然でした。

もちろん自分が覚えていれば問題ないのですが、忘れてしまうと面倒なことになります。

私は、ブログに書いて忘れないようにしたいと思います。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

クローズド・チェンジ

毎日色々なニュースが流れていますが、今日の読売新聞の7面に掲載されていた「エボラ出血熱」に関する報道が気になりました。

エボラ出血熱は、初期症状が微熱やだるさなどで風邪やマラリアと似ているが、その後、下痢や発熱、頭痛などが起こり、口や胃腸から出血し死亡に至るものです。

致死率が最高で9割に達し、有効な治療法が無いと言われています。

致死率が高いと言われる新型インフルエンザでもこれほど致死率は高くありません。
何とも恐ろしい感染病です。


さて今回のワンポイント・レッスンは、ワルツの基本フィガーである「クローズド・チェンジ」の解説をします。

このフィガーは、ワルツで「ナチュラル・ターン」から「リバース・ターン」を踊る時の繋ぎとして、又は反対に「リバース・ターン」から「ナチュラル・ターン」を踊る時の繋ぎとして踊ります。

ワルツを習い始めたころ最初に覚えるフィガーの一つではないでしょうか。

それでは、「ナチュラル・ターン」から「リバース・ターン」を踊る時の「クローズド・チェンジ」の足形を示します。
なお、「リバース・ターン」から「ナチュラル・ターン」を踊る時の「クローズド・チェンジ」の足形は、下記の足形の「右足」と「左足」を反対にしてください。

先ず男子の足形は、
1 右足前進
2 左足を横少し前へ
3 右足を左足にクローズ
・・・・・となります。

次に女子の足形は、
1 左足後退
2 右足を横少し後ろに
3 左足を右足にクローズ
・・・・・となります。

踊りの注意点は、何といってもスイングに伴うスウェイを身に着けることです。

真っ直ぐ棒立ちで踊るのではなく、2歩目、3歩目に男性は右スウェイを女性は左スウェイを掛けます。

ワルツの習い始めのころに教わるフィガーですので、
そのときにしっかりスウェイを身に着けると後々楽になります。

また、ワルツのライズ・アンド・フォールもこのフィガーを習う時期にしっかりと身に着けたいものです。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

ライン・オブ・ダンス(LOD)

梅雨明けしてからというもの連日暑い日が続いています。晴れ

サークルのレッスンにおいても、熱中症にかからないようこまめに水分を取るよう気を使っています。

今のところ途中で気分が悪くなったという人がいないので一安心ですが、
これからも十分注意していきたいと思っています。

さて今回は、ダンス用語の解説をしますが、「ライン・オブ・ダンス」略して「LOD」についてです。

ダンスを始めると間もなくして先生からこの言葉の意味が説明されると思います。

フロアを時計と反対周りに踊っていく方向線ぐらいの説明が有るのではないでしょうか。

その通りなのですが、もう少し初心者の方に分かるように説明します。

フロアで大勢の人たちが思い思いに踊ってしまうとぶつかってしまうので、
なるべくぶつからないように定めたルールだと思ってください。

大勢の人たちが踊っても同じ方向に流れていけば、それほどぶつからなくて済みます。
その方向が時計と反対周りの方向です。

さて部屋の真ん中以外の場所に立ち、
その立っている場所から一番近い壁を右肩の延長線に置きます。
その時の正面が「LOD」になります。

その方向に進んでいくとコーナーに行き当たりますので、
そこでターンをすると次の正面が新しいLODになります。

なお、初心者におかれては、同時に右肩の方向が「」、左肩の方向が「中央」と呼ばれることも同時に覚えると良いと思います。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
posted by ぶとうかい at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

初心者へのアドバイス

今年に入って、社交ダンスの初心者・初級コースのサークルを3か所始めました。NEW

どのサークルでも言えることですが、
フィガーの足形を覚えると直ぐに次の足形を覚えたくなるようです。

気持ちは良く判るのですが、
学習と言うものは予習と復習を比率で言うと1:16になるそうです。

16倍の差が有るのです。
それだけ復習が大事だということですが、
どうしても新しいことを学びたくなるものなのですね。あせあせ(飛び散る汗)

繰り返し復讐することによって、大事なところを肝に銘じ反復していくことが社交ダンスだけではなく何事においても重要なことなのです。

ところが同じルーティンを何回も踊ると飽きてしまうのです。
早く次を覚えたくてうずうずしてしまうのです。

私が踊り方を解説して、それを頭では理解したとしても、いざ踊ってみて実践できている人はほとんどいないのです。ふらふら

1度や2度の実戦で踊れるほど簡単ではありません。
何回も復習して繰り返すことによって上手くなっていくものなのです。むかっ(怒り)

早く次のステップを覚えたいという気持ちは良く判りますが、
是非とも復讐することが社交ダンスをうまく踊るためには必要なことであることを肝に銘じてください。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

サークルのレッスン

この前の大きな台風8号は、私の住む埼玉県の東部にはほとんど被害を及ぼすことが有りませんでした。

大きな被害を受けた地域は、本当に大変だったと思います。お見舞い申し上げます。


さて、今日のパラダイス・ダンスサークルは、
会場の越谷市大相模公民館が使えなかったため、最初は休会の予定でしたが、
どうしても行いたいという会員さん方の強い意志があったため、急きょ別の会場を用意して行いました。

初級コースの会員さんたちは、ルンバに入ったばかりなので早く覚えたいという意識が強く伝わってきました。

そういう時って、熱心ですよね。

今日のレッスンでは特に、ホッケー・スティックニュー・ヨークの踊り方を中心に解説しました。

足形だけだと簡単ですが、踊り方まで含めると難しくなってきます。

しかし、初心者や初級クラスの人にとってはとても重要なところですから、
じっくりと勉強してほしいと思っています。

この様な時期にしっかりと基本を身に着けると、
後々きれいに踊ることが出来るようになるのです。

足形を覚えただけで、踊れたと錯覚してしまうとその後挫折を味わうことになるかもしれません。

会員さんたち、頑張ってください。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

ディレイド・ウォーク

非常に強い台風が近づいています。台風

これから宮古島や石垣島に近づいて来るということです。次項有

七月の台風としては、最大級の台風ということで、なんと最大風速は、75メートルと報道されています。TV
どのくらい強い風か吹くのか想像もつきません。

ところで今日は、七夕だったのですね。大人になると何となく縁遠くなるイベントです。


さて今回は、ダンス用語の解説をします。

4月から始まった初心者コースのサークルは、キューバン・ルンバに入ってきました。

今の内から大事なことは、覚えておいて欲しいと思い「ディレイド・ウォーク」のことにも触れています。

そこで「ディレイド・ウォーク」について、解説します。

ルンバやチャチャチャのウォークの一種ですが、体重を残したまま足を出し、カウントぎりぎりまで体重の移動を遅らせて踊るウォークのことです。

前進する「フォワード・ディレイド・ウォーク(ディレイド・フォワード・ウォーク)」と

後退する「バックワード・ディレイド・ウォーク(ディレイド・バックワード・ウォーク)」があります。

前進する「フォワード・ディレイド・ウォーク」には、膝を曲げるものと膝を伸ばすものが有ります。

ルンバやチャチャチャを踊る上でとても重要なテクニックですので、フィガーのどの場所が該当するのか、講師の先生に聞いてよく練習してください。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

プログレッシブ・サイド・ステップ

吉川市では、平成28年度に新庁舎を建設することで計画が進められているのですが、
震災復興関連事業や東京オリンピックに係るインフラ整備などに関連して労務単価や資材が大幅に上昇してきているため、
当初予定していた建築費より70%も膨らむ見通しだということです。

当初30億円ほど見込んでいたものが、
現在の概算見積りでは、52億円ほどになるということです。

果たしてこのまま計画通りに進めることが出来るのでしょうか。ビル


それでは今回のワンポイント・レッスンは、久しぶりにタンゴです。

タンゴの「プログレッシブ・サイド・ステップ」を取り上げます。

私は、このフィガーに思い出が有ります。

大分前の話になりますが、
サークル・レッスンで市川桂子プロ(市川学・市川久プロのお母様)に教わっていた頃、先生がこのフィガーを「ピー・エス・エス」と言っていたのです。

「ピー・エス・エス?」って変なフィガー名だなぁ〜exclamation&question
と思っていたのですが、後になって「P.S.S」すなわち「プログレッシブ・サイド・ステップ」の略称だと解かったのでした。

さて、「プログレッシブ・サイド・ステップ」は、タンゴのベーシック・フィガーで、「ウォーク」が変形したものだと言われています。

1歩目左足をCBMPに前進し、2歩目右足を横少し後ろに取ります。
そして3歩目、左足をCBMPに前進するものです。(女性は、これの反対を普通に踊ります。)

カウントは、「QQS」です。

踊り方のポイントとしては、1歩目は「プログレッシブ・リンク」と同じ感覚で踊って良いと思います。

2歩目は、右足のインサイド・エッジを使って左足の手前横に置きますが、
このフィガーは回転量を最大「3/8」回転とることが出来ますので、その時はこの2歩目の右足で「1/4」ほど回転することになります。
ですから、しっかりと右足のインサイド・エッジを使って床を押さえなければなりません。

3歩目は普通にCBMPで前進ウォークをするように踊ると良いです。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

ピボット

今年初めて自動車税をネットバンキングの「ペイジー」を利用して払い込みました。

やってみると、とても簡単で便利でした。

ただ、この自動車税のペイジーによる払い込みでは、金融機関の押印による領収証が無いので、
車検が直ぐと言う人にとっては悩ましいところかなと思いました。

私のところには昨日郵送で、「自動車税納税証明書」が届きました。
その証明書には、車のナンバー、車体番号それに有効期限が記載されていました。


それでは、今回はダンス用語の解説として「ピボット」を取り上げます。
(この言葉は、一昨年の9月にも取り上げておりました。2度目の解説となりますがご容赦ください。)


ピボットと言う言葉としては 、バスケットボールで軸足を動かさずに、
もう一方の足を踏み変えて方向を変える動作のことを言うそうです。

またそれが転じて、ビジネスの世界で、ベンチャー企業などが事業を方向転換する際にも、
ピボットと言う言葉を使うようになったそうです。

すべてをガラリと変えるのではなく、
これまで培った資産を軸足として残し、柔軟に方向を修正していくという意味が有るそうです。


さて、社交ダンスの世界でも「ピボット」と言う用語が使われます。

一方の足を前進、又は後退し、他方の足を後方又は前方にCBMPに保ち、
片足だけで行う回転の仕方を言います。


上記に掲げたバスケットボールやビジネスの世界の例のように、ぶれないで軸足をきちんと置いておくことがダンスを踊る際にも重要です。わーい(嬉しい顔)手(パー)

posted by ぶとうかい at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

カーブド・フェザー

超党派の国会議員によりダンスを風営法の規制から除外しようとする運動を展開している「ダンス文化推進議員連盟」は、一昨日に今国会への改正法案提出を断念したと報道されました。

各党内の調整で深夜営業を許可する方針については合意されたようですが、未成年者に対する入場規制の緩和については、青少年への悪影響などを懸念する反対意見が噴出して党内合意を得られず、改正案提出を断念したということです。

議員連盟としては、秋の臨時国会に改正案を提出したいとしていますが、果たして実現するのでしょうか。

さて、久しぶりのワンポイント・レッスンを行います。今回は「カーブド・フェザー」について解説したいと思います。

このフィガーは、スロー・フォクストロットのネームド・バリエーションですが、ワルツでもクイック・ステップでも踊られています。

フィガーの名前にも表れているように、フェザー・ステップよりも強く右に弧(カーブ)を描いて踊ります。

タイミング、スウェーとも「フェザー・ステップ」と同様ですので、異なるところを解説します。

先ずは回転量の違いです。フェザー・ステップに回転量は有りませんが、
このフィガーは3歩の間に右に1/4回転します。

次に女性のライズアンドフォールですが、
フェザー・ステップでは3歩ともNFR(ノー・フット・ライズ)が有りましたが、このフィガーでは、1歩目だけにNFRが有ります。
その結果として女性のフットワークは、2歩目と3歩目がトウ・ライズになりますので、
   1. TH  2. T  3. TH となります。

このようなフェザー・ステップとの違いを意識して踊ってください。

踊る時の注意点として、
右へカーブしながら踊るんだと回転を意識し過ぎると相手の領域に入ってしまいますので
カーブはするのですが真っ直ぐに進んでいく意識を持って自分の領域を堅持しましょう

それから男性は、3歩目のヘッド・ウエイトを右にすると良いと思います。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

サポーティング・フットとムービング・フット

昨日から天気が良くありません。関東地方も昨日から梅雨に入りました。

今日は本降りの雨です。
この雨の中「サークル・きんもくせい」のレッスンに行って帰ってきました。

高知県や三重県では、記録的な大雨になっているということで、高知県の四万十町では1日の雨量が平年の1か月分の雨量に達していると報道されています。


さて今回は、ブログ読者の方からコメント欄にご質問を頂きましたので、
そのことに関連した用語の解説をしたいと思います。

今回取り上げるダンス用語は、「サポーティング・フット」と「ムービング・フット」です。

それでは、ナチュラル・ターンの男子の足形を例にして、サポーティング・フットとムービング・フットについて説明いたします。

ナチュラル・ターンの1歩目右足前進をする場合、
サポーティング・フットは、ステップしようとする足を体重を支えながら進行方向へ推進力を与える足(今回の例では左足)のことを言います。

ムービング・フットは、その名の通り移動する足の意であり、上記の例では、右足のことです。

なお、1のカウントで体重が乗ったナチュラル・ターンの右足は、次のカウント2の左足が出ていくためのサポーティング・フットになります。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

ホームページの更新と無料ダンスレッスンの顛末続報!

今夜は、ダンスサークル すみれ会のレッスンが有りますので、これから行ってまいります。

ところでしばらく「武東快の社交ダンスへの招待#2!」のホームページを更新していませんでした。メモ

前回の更新から、ワンポイント・レッスンをさぼっていたため、いくつもフィガーの解説をしていなかったからです。

今回の更新では、モダン種目から「スロー・フォクストロット」と「クイック・ステップ」を、ラテン種目から「ルンバ」と「チャチャチャ」のフィガーを追加しました。
興味のある方は、是非確認してください。

ダンスの研究熱心な方は、コピーして勉強しているそうです。

  右矢印1 「武東快の社交ダンスへの招待#2!」          http://butoukaidance.web.fc2.com/

話題は変わりますが、正月から始まった「3ヶ月の無料ダンスレッスン」のその後について続報です。

30人以上の方に集まっていただき、順調にレッスンが進んでいったのですが、一つ落とし穴が有りました。

レッスン終了を3月の4週目に設定したことが、後々たいへん困ったことになったのです。爆弾

4週目の日曜日は、たまたまお彼岸の日曜日に当たっていたのですが、気が付きませんでした。

このため、最終日に来てくださった方は、3ヶ月で最も少ない人数になってしまったのです。

ですから、その後のサークルの設立にも影響を与えてしまい、今考えても、熟慮が足りなかったと反省しています。

結果として、その後のサークルには約3分の1の人が入会してくださいました。

現在皆さん張り切ってサークル活動を継続しています。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

埼年協総会に出席

今日は、午後1時30分から埼玉県年金受給者協会(埼年協)越谷支部 吉川分会の総会が有りました。

午前中「パラダイス・ダンスサークル」のレッスンを終え、
まっすぐ家に帰って総会出席の支度をしました。いす

総会では、
議事の最後に新年度役員紹介に合わせ、趣味の会役員紹介が有ります。

今回新たに趣味の会の一つとして、「社交ダンス部」が新設されました。

その「社交ダンス部」創設の報告とあいさつを兼ねた会員募集案内の時間を頂きました。

事前に考えていた内容の半分しか話せませんでしたが、
それでも直接会員さんに初めて会員募集の告知をすることが出来ました。

これを機会に大勢の方たちが入会してくださると良いのですが・・・・・
posted by ぶとうかい at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

埼年協吉川分会 社交ダンス部の打合せ

今日は、埼玉県年金受給者協会 越谷支部吉川分会の谷川分会長及び細川副分会長と打ち合わせを行いました。

場所は、吉川中央公民館に近い「珈琲屋OB(オービー)」という喫茶店です。

    右矢印1 http://coffee-ob.com/yoshikawa/

しばらくぶりに寄った喫茶店ですが、美味しい自家焙煎のコーヒーを味わえます。
そして驚くほど安いのです。

さて打合せの方は、
新設した趣味の会である社交ダンス部の会員募集の周知をどうするかという内容でした。

協会の会員さんに対し、今まで直接の周知はしていません。
そこで、全会員に対して社交ダンス部の設立を文書により周知しようとするものです。

その前に、今月の総会においても設立の報告を行い、
同時に私が責任者として会の紹介と簡単な挨拶を行うことになりました。ふらふら

全会員に対する周知は、
来月の役員会を通じて行うことになりましたので、
再来月すなわち7月には会員が増えているのではないかと期待しています。手(チョキ)
posted by ぶとうかい at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

ダンスを風営法規制から除外の提言!!

昨日の朝日新聞朝刊に、ダンスを風営法の規制から除外する提言がまとめられた旨報じられていました。

新聞によると、
安倍政権の規制改革会議が音楽とダンスをする「クラブ」を風営法の規制対象から外すよう求める意見書をまとめ、警察庁に風営法の改正を提言したというものです。

私は何度もブログで書いていますが、
現在はプロダンス教師の認定講習指定団体から認定された正規のダンス教師により運営されているダンス教授所のみが、風営法の規制対象外とされています。ペン

今後この新聞記事に書いてあるように
ダンスが法規制の対象から除外されると誰でもダンスを教えることが出来るようになります。exclamation&question

とても良いことのように感じられますが、懸念も有ります爆弾

ダンスを教える人のレベル差が相当出てくるのではないでしょうか。

現在の正規のダンス教師は、
60時間以上の講習を受けていないと認定試験の受験資格さえありません。目

また認定試験では、全ての科目において七割以上の点数を獲得しないと合格しません。

それが、誰でもダンスを教えることが出来るようになる訳ですから、知識や技術の差は相当なものになると思われます。

そうは言っても近いうちに、ダンスが風営法の規制から除外されることはほぼ間違いないことのようです。手(パー)


posted by ぶとうかい at 12:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

ダンスサークル・きんもくせい

今月から始まった新しいサークル「ダンスサークル・きんもくせい」のレッスンに行ってきました。車(セダン)

このサークルは、各種年金を受給している人たちの協会(埼玉県年金受給者協会)傘下のサークルです。

この協会の越谷支部の下に吉川分会が有ります。exclamation×2

この吉川分会には、
退職後の第二の人生を健康で楽しく有意義に過ごすため沢山の趣味の会が有るのですが、
たまたま社交ダンスのサークルが無かったので、分会長及び副分会長から社交ダンスのサークルを作らないかと打診があったものです。かわいい

ちょうど私もこの四月から社交ダンスの活動を活発化させようと思っていましたので、サークルを新設することになりました。ぴかぴか(新しい)

現在はまだ少人数ですが、
分会の役員さんを通して会員の方々に周知PRを行って頂くことになっていますので、
これから少しづつ会員数を増やしていきたいと思います。

吉川市内に限らず、近隣市町にお住いの年金受給者の方でしたら入会できますので、
是非お問い合わせください。
posted by ぶとうかい at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

シャッセ・リバース・ターン

今日から五月になりましたが、本日、JATD 日本舞踏教師協会から新しい資格証が贈られてきました。

この資格証が、プロ・ダンス教師の認定講習指定団体の資格証明となります。
また、同時に団体の会員証になります。

全ダ連の資格証のような裏面に講習会の受講証明欄は有りません。
協会の説明では、資格証の表面に印刷されたバー・コードで講習会の受講履歴等を管理するということです。

このため、全ダ連の資格証は、紙で出来ていましたが、
JATDの資格証は、プラスチックで出来ています。
顔写真を含めカードに印刷して作っており、写真の張替えによる偽造は出来ないようになっています。


それでは久しぶりにワンポイント・レッスンを行います。

今回のワンポイント・レッスンは、クイック・ステップの「シャッセ・リバース・ターン」です。

今では、すっかり3歩で踊ることが多くなってしまった感がありますすが、
6歩で踊ることもあります。

6歩で踊る場合の後半については、「クォーター・ターン・トゥ・レフト」と同じなので、省略します。

ところで「シャッセ」とは、「開く・閉じる・開く」という足の動作であることは説明の必要もないと思います。

一つだけ、追加説明しておきたいことは、
回転を伴うシャッセのことを「シャッセ・ターン」と言います。

ですから、このステップは、左に回転するシャッセであろう・・・と想像できると思います。

さてそれでは、男性の足形を説明します。
1S 左足前進
2Q 右足横に
3Q 左足、右足にクローズ
・・・となります。

次に女性の足形ですが、
1S 右足後退
2Q 左足横に
3Q 右足、左足にクローズ
・・・となります。

女性は、1歩目のライズ・アンド・フォールに気を付けてください。
1の終わりに、ノー・フット・ライズ(NFR)でライズします

このフィガーは、クイック・ステップにおけるリバース・ターンですから、
ワルツを踊る時のように1歩目の膝に余裕を持たせて2歩目のライズを継続させるのではなく、
1歩目で既にライズを終わるようにして、
2歩目と3歩目はアップの状態に保ち、
3歩目の終わりにロゥアするよう踊ってください。

踊るためのワンポイントとして、細かなことですが男性は、
左回転に先行してネックを回していくようにすると右胸が女性のボディに着いていき易くなるので良いと思います。

先に書きましたように、
後半のステップが有りましたので4歩目の足が「開く」に該当します。

このことを知らないと、なんで閉じるステップなのにシャッセと言うのかと思ってしまいます。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

技術講習会

しばらくぶりの技術講習会に行ってきました。電車

今回の講習における講師は、大竹辰郎ダンススクールの「古賀太一・菊池有真」組でした。

いつもの講習会とは違い、今回はやはりあの問題に対する説明から始まりました。

あの問題・・・・・とは、例の「全ダ連」脱退問題です。

会員の中には、相当の動揺があるようで、JATD 日本舞踏教師協会の事務局には、
今でも問い合わせの電話が沢山あり、通常業務に支障をきたしている状況だそうです。

事務局からの説明が終わると、早速「古賀・菊池」組によるルンバの講習が始まりました。

古賀選手は、とても誠実そうで一生懸命に踊りの解説をしてくれました。

今回「古賀・菊池」組が講師として招かれたのは、
副会長の中原先生が大竹辰郎先生と懇意にしている関係でお願いしたとのことでした。

講習内容は、バリエーションを沢山取り入れた魅力的なフィガーを習得することでしたが、
一度の講習でこれだけのバリエーションを習得することは難しいと思いました。

今回の講習は、ビデオ撮影が許可されていましたので、じっくりと内容を確認したいと思います。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社交ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする