2013年03月02日

ダンス講習でのこと!!

早くも3月になってしまいました。3
早く桜が咲くのを見たいです。目


さて先日、教師協会が行っている技術講習会に行ってきたのですが、
気に掛かったところが有りましたので、取り上げてみたいと思います。ペン

キューバン・ルンバの講習だったのですが、
その中で「ナチュラル・トップ」の踊り方が私の習った頃と比べて明らかに変化してきているみたいなのです。がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

私が覚えた頃は、
男女が向かい合ってお互いの肩のラインが平行になるように、
すなわちスクゥエアになるよう踊ることを強要されたものです。モバQ

そのため、女子は右足を出すときボディを右に絞って右肩が男子に近づかないよう注意したのです

そのため顔の向きもお互い目を合わせる程度に正面を向くようにと言われました。キスマーク

他所を向いてしまうと、
どうしても身体がひしゃげてしまいスクゥエアにならなくなってしまうからです。バッド(下向き矢印)

しかし今回の講習では、
お互い正面を向くことなく、どちらかというと回転する円周線上に身体を向いているような感じでした。ひらめき

そして、解説でも両肩を平行になるように向いてしまわないようにと注意していました。

この解説を聞いた時、踊り方は時代とともに変化するとは聞いていたが、
まさしくこのことだなと思ったのです。NEW

今まで教えてきたことが否定されたような無念さも少なからず有りましたが、
今の踊りも取り入れていかなければ教師失格です。ふらふらむかっ(怒り)

生徒さんには、今回の講習の成果を取り入れて教えていきたいと思っています。わーい(嬉しい顔)手(パー)
posted by ぶとうかい at 17:23| Comment(1) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

ダンス講習会に行きました

金光・吉田組
今日は、日本舞踏教師協会主催のダンス技術講習会に行ってきました。電車

朝8時に家を出たのですが、霧の影響で電車のダイヤが乱れ、
会場である京橋プラザ区民館に到着したのは、開始5分前の9時55分でした。あせあせ(飛び散る汗)

普段は、30分程早めに着いて余裕なのですが、今回は少々焦りました。ふらふらたらーっ(汗)

講習は、教師協会の技術局長である「中原保志先生」の進行で始まり、
今日の講師である「金光進陪先生」とパートナーの「吉田奈津子先生」について簡単な紹介後、
直ぐに技術講習に入りました。いす

講習内容は、
ルンバのベーシックとバリエーションを取り入れた
32小節を踊り方の解説を含め、ルーテンを覚えるというものでした。ペン

最後の方のルーテンは、
ランジ・ライン」や「テレ・スピン」、「スリー・ステップ・ターン」などを入れたエンディングに使う、華やかな踊り方で終了するものです。かわいい

踊り方の解説は、我々教師たちにとっては特に目新しいものではありませんでしたが、
二人の踊りはとても素晴らしいものでした。ぴかぴか(新しい)

さすがにアジアオープンダンス選手権大会のアジアクローズ・ラテンで優勝しただけのことはあります。がく〜(落胆した顔)るんるん

明後日から始まる「2013スーパー・ジャパン・カップ・ダンス」に出場するとのことですが、
是非頑張って優勝して頂きたいと思います。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
posted by ぶとうかい at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

オープニング・アウト

今年も残り5日となりました。本当に一年って早いですね。

寒さも厳しくなってきました。強い寒気の影響で、福島県会津地方で大雪雪のため、車300台車(RV)が立ち往生と読売新聞の一面に出ています。

私は引いてしまいましたが、皆さんは風邪を引かないように注意してください。


それでは、ワンポイント・レッスンをします。

今回は、キューバン・ルンバの「オープニング・アウト」について解説します。

男性は、クカラッチャを踊ります。

横に出した足の腰に体重を乗せた時、腰の反対側の脚についてですが、最初のうちは踵を上げてしまっても結構だと思いますが、上達してきたら踵を上げないでクカラッチャができるようにしましょう。

クカラッチャは、足で虫を踏みつぶす動作のことを言うようです。(ラテンの師匠からの受け売りですので、真偽のほどは判りません。)

次に、女性についてですが、男性にからみつくように踊っている方をよく見受けます。

男性と同じ方向を向くくらい踏み込んで、男性の周りをまとわりついて移動しています。

「オープニング・アウト・R&L」は、このように踊ってはいけません。

女性は、簡単に言えば、一人で「ハンド・トゥ・ハンド」を踊ると思ってください

「右足後退、左足前進、右足前進回転、左足後退、右足前進、左足前進回転」と踊ります

この時の前進回転は、前のブログで解説したように足の着き方に注意します。

回転する方向につま先を向けて出してしまうと、肩も入ってしまいます。
回転方向と反対の方につま先を1/8程向けて出しましょう。

もう一つの注意点は、3歩目の右足前進回転と6歩目の左足前進回転はデイレイド・ウォークとなりますので、身体よりも先に足を出すということです。

普通のウォークよりも足が先行して後から体重を乗せて体が移動するのです。

以上の点に注意して、見栄えのあるすっきりしたオープニング・アウト・R&Lを踊って下さい。わーい(嬉しい顔)手(パー)

posted by ぶとうかい at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

キューバン・ルンバの回転時の足の着き方

昨日で、今年の公民館ダンスサークルのレッスンが終わりました。end

2年間、ワルツの基本フィガーのレッスンを行ってきましたが、当初の踊りと比べると、とても上達したと感じています。右斜め上

来年は、タンゴの基本フィガーについてレッスンすることになりました。

さて今日は、パラダイス・ダンスサークルの忘年会ビールです。もう少ししたら出かけたいと思っています。


そこで、急いで今日のワンポイント・レッスンを行います。

今回は、キューパン・ルンバの回転時の足の着き方について解説します。


キューパン・ルンバで前進ウォークに続いて回転するフィガーでは、足の着き方に注意しなくてはなりません。

それでは「オープン・ヒップ・ツイスト」の例を挙げて説明します。

オープン・ヒップ・ツイスト女性の5歩目、右足前進回転してファン・ポジションに入るところですが、この時、1/2左回転を意識するあまり、右足つま先を回転する方向に向けて出してしまう方が大勢います。
右足つま先は、ターン・アウトして出さなくてはいけません

すなわち、左回転とは反対方向である右に約1/8向けて出すのです。もう一つ、例を出します。

「ホッケー・スティック」の女性、5歩目も全く同じです。

右足前進、1/2回転して男性に向き合うところですが、この時も、1/2左回転を意識するあまり、右足つま先を回転する方向に向けて出してしまうのです。

ここでも、先ほど解説したのと同様、右足つま先は、ターン・アウトして出さなくてはいけませんので、左回転とは反対方向である右に約1/8向けて出すのです

キューパン・ルンバでは、男女ともに前進回転するフィガーが出てきますので、ここで解説したように、足の着き方に十分注意して下さい。わーい(嬉しい顔)手(パー)



posted by ぶとうかい at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

キューバン・ルンバのアレマーナ

中国で、また大きな地震があったみたいですね。今、NHKのニュースで報じていました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

話は変わりますが、お店を開き運営していくということは大変であると共に、大きな責任があると思います。
遠くから楽しみにやってきたお客さんを休業というお出迎えをしたら・・・
  ・
 ・
 ・
昨日は、毎月一度お会いしている千葉県のお友達とあるお店でご一緒することにしていました。

私は、まだレッスン中だったのですが、そのお友達の一人から携帯に電話がありました。

「お店に着いたら、臨時休業の張り紙がしてある。」という旨の電話でした。

今日行こうとしていたお店には確かに予約は入れていなかったのですが、まさか臨時休業とは思ってもいませんでしたので、面食らってしまいました。

それと、せっかく楽しみに遠くから来てくれたお友達にも、気の毒なことをしてしまったと申し訳なく思いました。

また、来月会いましょうと言ってくれたことが救いでした。

お店は、定休日以外に休みを取るということは、軽々に行ってはならないと強く感じた次第です。・・・ちなみに、私はお店を経営していませんがわーい(嬉しい顔)?!



さて、今回もキューバン・ルンバのワンポイント・レッスンを行います。

女性のアレマーナの踊り方についてです。

ファン・ポジションから足を閉じて踊る6歩のうち、後半の3歩は右回りの回転ですが、前進・前進・前進と足を進めていくのです。
(ここで言う前進とは、身体の向きと進行する方向が同じということ。)

このことは、分かっているでしょうが、特に注意すべき点は3歩目の右足前進をつま先ターン・アウトして床に着き、ウエイトを乗せる時にボール・ターンして、4歩目の左足を来た方向の延長線よりも1/4右の方へ前進していくのです。


今回のレッスンも言葉だけでは分かりにくい解説になってしまいました。


posted by ぶとうかい at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

キューバン・ルンバのオープン・ヒップツイスト

今日は一日、ぽかぽか陽気で暑いくらいに暖かく花見には最高の日でした。

私は残念ながら、仕事でしたので叶いませんでしたが・・・。
きっと、幸手市の権現堂の桜は花見客でいっぱいだったでしょうね。
去年は、少し寒かったのですが、行って来ました。
ピンクの桜だけでなく、黄色い菜の花も一緒に見られるので、とっても好い所ですよね。


・・・ということで、お待たせしました。
それでは早速、本日のワンポイント・レッスンに入ります。

キューバン・ルンバにおける女子のオープン・ヒップツイストの踊り方の注意点です。

オープン・ヒップツイストは踊り始めのステップとしてよく使われている6歩のフィガーです。

前半の3歩で男性に向かって進み、方向転換して、後半3歩でファン・ポジションになりますが、そのなかの5歩目右足についてです。

多くの方は、早く回転しようとして、5歩目の右足をつま先を左足の延長線よりも左に向けて、出てしまいますが、これではいけません。

この右足は反対につま先をターン・アウトして、回転する反対方向の右手(時計の5分から10分くらいの角度)の方に向けて、体は真っ直ぐに出なければなりません。

真っ直ぐに出て、体重が十分乗ったところですばやく左回転し、左足を後退して、ファン・ポジションになるのです。

ちょっとしたことで、ワンランク・アップした踊りになります。
一緒にキューバン・ルンバを踊りましょう!
posted by ぶとうかい at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

ときめきのルンバ ♪

ときめきのルンバ ♪

♪・・・・愛してルンバ  恋してルンバ
       ときめきのルンバ♪

氷川きよしの歌う曲ですが、とってもいいですね。
私は演歌も大好きです。

さて、今回はルンバについての話です。

とてもロマンチックで艶めかしいダンスですが、
現在踊られているのはほとんどがキューバン・ルンバではないでしょうか。
昔懐かしいボックス・ルンバ(スクゥエア・ルンバ)は、
なかなか見かけません。

でも、少し速めのルンバ曲なら
ボックス・ルンバも味があってとてもいいんですけどね…!

私は今でもこの踊りが廃れないよう、ときどき踊るように心掛けています。

このボックス・ルンバですが、
踊り始める時、左足を横に出してスタートする方法と
左足を前に出してスタートする方法があります。

レッツ・ダンスの講師であった篠田学先生が解説の中でヨーロッパでは、
左足を前に出してスタートする方法に統一されたと言っていましたので、
私はそれを採用しています。

ちょっとしたことですが、知らないと迷いますよね・・・。
posted by ぶとうかい at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ルンバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする