2013年04月24日

ダンス・アラカルト

春風邪を引いてしまいました。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
土曜日の昼間、何となく咽の調子が良くありませんでした。バッド(下向き矢印)

夜のすみれ会サークルのレッスンの後、
いつものようにカラオケカラオケに行ったのですが、
その時にはもう咽の痛みがひどく唄うのがつらい状態でした。どんっ(衝撃)

それでも我慢して何曲か唄いましたが、いつもの数分の一です。

日曜日もほぼ同じような状態でしたが、
月曜日には鼻水が出て風邪だったんだと認識した次第です。exclamation×2

最初の時は、咽の痛み以外の症状がなかったので風邪とは思っていませんでした。モバQ

これからは、咽が痛くなったら真っ先に風邪を疑うようにします。がく〜(落胆した顔)


さて、少しダンスのことについて書きたいと思います。

このブログをお読みの皆さんは、ワルツで「フォワード・ロック・ステップ」を踊ったことが有りますか。

女性の皆さんなら「有ります。」と答えるのではないかと思います。

しかし、男性の皆さんは「有りません。」と答える方がほとんどではないかと思います。

実は、男性が「バックワード・ロック・ステップ」を踊った時に女性は当然「フォワード・ロック・ステップ」を踊りますので、女性は踊ったことが有ると答えます。

しかし、ワルツにおいては男性が「フォワード・ロック・ステップ」を踊ることはほとんど無いのです

ワルツで男性が「フォワード・ロック・ステップ」を踊ることは良くないとされているのです

似た様なフィガーで「ライト・ランジ」に繋げる「カービング・ロック」が有りますが、
文字通りカーブしながら踊るロック・ステップであり、
真っ直ぐに踊っていく「フォワード・ロック・ステップ」とは違うフィガーです。

それでは踊ってはいけないのかという疑問が生じますが、
踊っても結構だと私は思います。(お勧めはしませんが・・・。)わーい(嬉しい顔)

皆さんの先生は何と答えるか聞いてみたら面白いかもしれません。

以上、今日は「ダンス・アラカルト」でした。手(パー)
posted by ぶとうかい at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

ワルツの講習会

中原保志先生<ワルツ講習会>

中原先生.JPGダンスの技術向上のためには、
技術レベルの高い先生から教えを乞うことは非常に大切なことです。ぴかぴか(新しい)

私は、スタンダードについて「中原ダンス・アカデミー」の中原保志先生の技術講習会を受講することを心掛けています。いす

事前告知はしていませんでしたが、
本日も「日本舞踏教師協会」主催の技術講習会が有りましたので行ってきました。バス

中原先生によるワルツの講習会です。ペン


内容は、
デモに使えるワルツのアマルガメーションの32小節についてでした。

32小節は、半曲分です。るんるんもう半分は、皆のリクエストが多かったら次の講習会でやりたいとのことでした。わーい(嬉しい顔)

中原先生の講習では毎回何がしかの教示を頂きます。
技術上の点だけでなく教師としての考え方や教え方、
教わる人のレベルに応じた対応方法など色々です。

技術的に難しかったところは「ランジ・ロール」から「スクープ」までの流れと、
ドロップ・ロンデ」の足の使い方でした。位置情報

全体を通して、
今回はウエイトの位置やボディの捻りを意識した講習となりました。

自分自身でよく理解してから生徒さんに伝授できるようにしたいと思っています。あせあせ(飛び散る汗)
posted by ぶとうかい at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ウィーブ・フロム・P.P

速いもので、もう12月になってしまいました。

例年の如く、スケジュールが忘年会で埋まってきています。

9日は同級生と、15日はパラダイス・ダンスサークル、21日は公民館ダンスサークル、翌22日はすみれ会ダンスサークルの忘年会が入っています。ビール

忘年会以外にも飲み会が大分入っています。(汗)あせあせ(飛び散る汗)


さて、しばらくタンゴのワンポイント・レッスンが続きましたので今日は、ワルツにおける「ウィーブ・フロム・P.P」の踊り方について解説します。

このフィガーは、プロムナードのポジションでスタートする、6歩のステップから成ります。

途中、回転量の違いにより台形型に踊る方法と三角形型に踊る方法があります

私は、三角形型に踊る方法を推奨していますが、その時必ず台形型に踊る方法も紹介しています。

教わった人が、一方の踊り方を否定しないように配慮しています。

では、男性の踊りで説明します。

先ず、中央斜めに右足をCBMPで左足をアクロスして前進します。次の左足は前進しながらトウで左回転(ボールターン)します。その時1/2回転すると三角形型であり、3/8回転すると台形型になります。

その後、右足後退、左足後退します。

そして次の5歩目、右足後退の時、1/4左回転(ボールターン)するのが三角形型であり、3/8回転するのが台形型となります。

どちらも最後は、同じ場所に来るわけですが、途中経過に違いがあるのです。

三角形型の前半、1/2回転する時、女性を上手に回転させるところが見せ場となります。

ここを上手に踊るとウィーブらしさが出てきます。

台形型では、きちんと踊らないと、全体を通じて”ひしゃげた”形になってしまいます。わーい(嬉しい顔)手(パー)


posted by ぶとうかい at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ワルツのナチュラル・スピンターンその2

ホームページを更新し、ダンス教師の資格等について記述しました。
ダンス教師やダンス指導員の資格取得について興味のある方は是非訪問してください。

ホームページ
   武東快の社交ダンスへの招待


さて、今回のフィガーの解説は、ワルツ、ナチュラル・スピンターンの女子のステップで、ワン・ポイントを行います。

4歩目右足のピボッティング・アクションをした後、5歩目左足に右足をブラッシュするところでの注意点です。

ずばり右胸、右サイドを引くことです。このことが、男性の右足を乗り越えていく動きをサポートすることになります。

ここのところで、右サイドを引かないで、頑張ってしまうと、男性の動きをブロックしてしまい、スムーズなナチュラル・スピンターンが出来なくなってしまうのです。

言葉だけで理解するのは、少し難しいかもしれませんが、女性の方には重要なポイントです。


posted by ぶとうかい at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

ワルツのナチュラル・スピンターン

僕は、半田浩二の歌が好きです。そう、「済州(チェジュウ)エアポート」を歌っている歌手です。
とってもいい声で、歌がうまいですね。

さて、昨日は、前にブログで書いた「アントワープ」に行ってきました。其処で今まで密かに練習していたあの半田浩二の曲(「ヨースまで」)を初めて歌ってしまったのです。

ところで、半田浩二は千葉県の関宿町(合併して現在の野田市)出身だそうですね。
ご一緒してた関宿のお姉さまが教えてくれました。

・・・と言うことで、昨日は3人のお姉さま、外は雪にもかかわらずお世話様でした。
とっても楽しい時間を有難うございました。

今回のダンスの解説は、ワルツのナチュラル・スピンターンの男子、前半の3歩についてです。

きれいなスイングとスウェイを行うコツを述べます。

先ず、左手にボーリングの重いボールを持っているとイメージします。
そして、予備歩を1歩とって投げるまねをしてください。

右足(カウント1)のつま先の延長線上に左足(カウント2)が着くことも重要な点です。

うまく出来るようになったら、ホールドを組んで同様に練習してください。

これで、すばらしいナチュラル・スピンターンの前半3歩が出来ているはずです。

posted by ぶとうかい at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワルツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする